あそびの定義

スポーツの指導で「あそび感覚」でとか、「あそびの要素を取り入れて」という言葉があります。

そもそもこの、あそびという言葉は何を意味するものか、気になったので調べました。

あそびの定義4点

  1. 自発性
  2. 自己完結性
  3. 自己報酬性
  4. 自己活動性

❶子どもが自ら選んで取り組む活動
❷あそぶこと自体が活動の目的になっている
❸活動が喜びの感情に結びつくもの
❹自ら行動を起こすことで活動が展開していく

発達にともなうあそびの変化

年齢とともに、いろんなこと理解しはじめると、あそびの内容も変化していくようです。

誕生〜2歳 感覚運動期

身体の機能自体を働かせる「機能的あそび」。ティッシュを繰り返し引っ張り出すなど。

2歳〜7歳 前操作期

見えないものをイメージしながらあそぶ「ごっこあそび」。ママごとやヒーローごっこなど。

7歳〜11歳 具体的操作期

複数の仲間との間でやり取りが見られる「ルールあそび」。カードゲームや勝敗のあるあそびなど。

AIへの質問:遊びの定義を教えてください

AIからの返事:遊びは、自由な時間や余暇を楽しむための活動やゲームのことです。遊びは楽しみや喜びをもたらし、リラックスやストレス解消にも役立ちます。遊びは個人やグループで行われることもあり、さまざまな形式や目的があります。

たとえば、スポーツ、ゲーム、アートやクラフト、音楽、読書、旅行などがあります。遊びは創造性を刺激し、学びや成長の機会を提供することもあります。人々は自分の興味や好みに合わせた遊びを選ぶことができ、それぞれが楽しむ方法や目的も異なることがあります。

言葉の定義から、改めてあそびを考えたとき、指導にも新たな広がりができるかもしれません。興味をもった指導者は、ぜひ一度本当のあそびを追求してみてください。

Related Articles