人のタイプを4つに分ける

「十人十色」この言葉は、考え方や好みなど、各人それぞれに違っていることを表す言葉です。子どもから大人まで、人はいろんな特徴があり性格も違います。

ある日、30人の幼児をタイプ別に分けようと試みたところ、分ける基準が定まらず上手くいきませんでした。そこで、4つのタイプの分類を参考にしたところ、簡単に、しかもはっきりと分かれ、そこからさらに性格の違いなどが見えてきました。

4つのタイプ

人は自己主張の大きさと感情表出の大きさを示す2つの軸で、4つのタイプに分けられます。そして、この4つのタイプをもとに、自分と相手を分類することで、お互いのいい部分を活かしたコミュニケーションが可能になります。

この4つのタイプは「コミュニケーションの中でもっとも顕著に出る」という前提に立った分類とされています。なので、どれかに当てはめて話す必要があるというものではありません。

相手を分類することは、どのようなことに価値をおくかなど、相手との関係を構築するするための手段であると説明されています。

4つのタイプそれぞれの特徴

むずかしいことは考えず、まず4つに分けます。そして分けられたタイプの中で、さらに性格や行動の癖などを見ていくとおもしろいことが分かってきます。

この分類は、幼児にも中学生にも、もちろん大人にも当てはまると考えています。下に紹介する、それぞれの特徴を頭に入れておくと、グルーピングやコミュニケーションの際にとても役立つので、覚えておくことを強くおすすめします。

コントローラータイプ

行動的で、自分が思ったとおりに物事を進めることを好む。このタイプの人に対しては、こちらでコントロールしないようにすることが大切。

アナライザータイプ

行動の前に多くの情報を集め、分析し、計画を立てる。人と関わるときも彼らは慎重で、あまり感情を外側に表さない。

プロモータータイプ

自分のオリジナルなアイデアを大切にし、人と一緒に活気のあることをするのを好む。自分のアイデアに対して非常な自信を持っているため、それを却下するような否定的なアプローチをしないことが重要。

サポータータイプ

他人を援助するのを好み、協力関係を大事にする。自分がしたことを認められたいという欲求が強いので、十分な評価を与える必要がある。

参考文献:
新版コーチングの基本|コーチ・エイ 著/鈴木義幸 監修
コーチングが人を活かす|鈴木義幸 著

ChatGPT

ChatGPTへの質問 ①
人のタイプはいくつに分けられますか?

人のタイプはさまざまな方法で分類することができますが、一般的には以下のような分類があります:

1. 性格タイプ:人の性格はさまざまな要素に基づいて分類されます。例えば、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、16種類の性格タイプに人を分類します。

2. 行動タイプ:人の行動パターンに基づいて分類されます。たとえば、内向型と外向型、分析型と創造型、情緒的なタイプと合理的なタイプなどがあります。

3. 学習スタイル:人々は異なる学習スタイルを持っています。視覚的、聴覚的、読み書きのような異なるスタイルに基づいて分類されます。

4. コミュニケーションスタイル:人々はコミュニケーションの仕方によっても分類されます。直感的、感情的、分析的などの異なるスタイルがあります。

これらは一部の例ですが、人のタイプは多岐にわたるため、さまざまな観点から分類されることがあります。

ChatGPTへの質問 ②
1. 人の性格は何に基づいて分類されますか?

人の性格はさまざまな要素に基づいて分類されます。代表的な性格分類の一つであるMBTI(Myers-Briggs Type Indicator)では、以下の4つの要素に基づいて分類されます:

1. 外向性(Extraversion)- 内向性(Introversion):外向性は社交的で外向きな特徴を指し、内向性は内向的で内向きな特徴を指します。

2. 感覚(Sensing)- 直感(Intuition):感覚は具体的な情報や現実的な事実に基づいて判断する傾向を指し、直感は抽象的なアイデアや未来への目標に基づいて判断する傾向を指します。

3. 思考(Thinking)- 感情(Feeling):思考は論理的で客観的な判断を重視する傾向を指し、感情は価値観や他人の感情に基づいて判断する傾向を指します。

4. 判断(Judging)- 知覚(Perceiving):判断は計画的で組織的な傾向を指し、知覚は柔軟で自由な傾向を指します。

これらの要素を組み合わせることで、MBTIでは16種類の性格タイプが分類されます。ただし、性格は非常に複雑で多面的なものであるため、他の性格分類方法も存在します。

関連記事