発達心理学【エリクソンの8段階】

「人の心は、周囲との関わりによって成長していく」

今回の記事は、エリク・H・エリクソンという発達心理学者の、心の発達8段階です。エリクソンが提唱する、心の発達8段階について、簡単にまとめました。

エリクソンの主張

  1. 人には8つの発達段階がある
  2. 各段階に社会心理的危機、つまり発達課題がある
  3. 危機を乗り越えると、力を獲得できる

エリクソンの心理発達8段階

時期年代年齢心理的発達課題得られる力
乳児赤ちゃん0 – 1.5信頼 vs 不信希望
幼児前期入園前1.5 – 3自主性 vs 羞恥心意思
幼児後期園児3 – 5自発性 vs 罪悪感目的
児童期小学生5 – 12勤勉性 vs 劣等感能力
青年期中・高生12 – 18アイデンティティの確立 vs 混乱忠誠
成人期社会人18 – 40親密性 vs 孤独愛情
壮年期働きざかり40 – 65人育成 vs 停滞感世話
老年期定年後65 –自我統合 vs 絶望知恵

発達課題は年代によって違います。つまり、乗り越えるべき課題は、年齢とともに違うということです。


AIへの質問:エリクソンの発達心理学について教えてください

AIからの返事:エリクソンの発達心理学は、ドイツ生まれの心理学者エリク・エリクソンによって提案された発達理論です。彼の理論は、人間の一生を通じて発達する過程を説明し、個人の成長と発達におけるさまざまな課題や段階を示しています。

エリクソンの理論は、8つの発達段階から成り立っています。それぞれの段階は、特定の課題や成長の目標を持ち、成功または失敗によって個人の発達が形成されるとされています。

以下にエリクソンの8つの発達段階とそれぞれの課題を示します:

1. 信頼対不信(生後0〜1歳):信頼と安全感を育むことが重要です。

2. 自律対恥(1〜3歳):自己意識と自己主張を発展させることが目標です。

3. 目的対混乱(3〜6歳):自己主張と自己制御のバランスを見つけることが求められます。

4. 勤勉対劣等感(6〜12歳):学びや成果を追求することが重要です。

5. 同一性対役割の拡散(12〜18歳):自己のアイデンティティを見つけることが課題です。

6. 親密性対孤独(18〜40歳):親密な関係を築くことと自己の個性を維持することが求められます。

7. 生産性対停滞(40〜65歳):仕事や家族への関与を通じて生産的で満足のいく人生を築くことが目標です。

8. 統合対絶望(65歳以上):自己の人生を振り返り、満足感と受け入れを見つけることが重要です。

エリクソンの発達理論は、個人の発達における課題と成長の段階を理解するための有用な枠組みとなっています。

Related Articles