心の発達8段階【発達心理学者エリクソン】

発達心理学者エリクソンが提唱する、心の発達8段階の分類を紹介します。

エリクソンの主張

  1. 人には8つの発達段階がある
  2. 各段階に社会心理的危機、つまり発達課題がある
  3. 危機を乗り越えると、力を獲得できる

心の発達8段階

時期年代年齢心理的発達課題得られる力
乳児赤ちゃん0 – 1.5信頼 vs 不信希望
幼児前期入園前1.5 – 3自主性 vs 羞恥心意思
幼児後期園児3 – 5自発性 vs 罪悪感目的
児童期小学生5 – 12勤勉性 vs 劣等感能力
青年期中・高生12 – 18アイデンティティの確立 vs 混乱忠誠
成人期社会人18 – 40親密性 vs 孤独愛情
壮年期働きざかり40 – 65人育成 vs 停滞感世話
老年期定年後65 –自我統合 vs 絶望知恵

発達課題は年代によって違います。つまり、乗り越えるべき課題は、年齢とともに違うということです。


ChatGPT

ChatGPTへの質問:発達心理学者エリクソンの心の発達8段階の信憑性は高いですか?

エリクソンの心の発達の8段階は、広く受け入れられている理論の1つですが、その信憑性については議論があります。一部の研究者や心理学者は、エリクソンの理論が特定の文化や社会的背景に適用されるかどうかについて疑問を呈しています。また、エリクソンの理論は個人の発達における一般的な傾向やパターンを示すものであり、個別の人物や文化の差異を考慮していないという批判もあります。

しかし、エリクソンの理論は多くの研究や実践で支持されており、人間の発達における重要な要素や課題をモデル化しています。また、エリクソンの理論は心理学の教育や臨床の分野で広く使用されており、有用な指針となっています。

最終的な信憑性は個人の意見や学問的な立場によって異なる可能性があります。したがって、エリクソンの理論を評価する際には、さまざまな意見や研究を考慮することが重要です。

関連記事