注目すべきアイデンティティ

人格とか個性とか、広い意味をもつアイデンティティについて説明します。

個のアイデンティティを育てることは、今後の育成年代の指導において、すごく重要なテーマになると考えています。

アイデンティティへの理解

アイデンティティについて、ある心理学者は、「自分が思う自分」と「他人が思う自分」の2つが合致して生じる自信が「アイデンティティ」と説明しています。

このアイデンティティの確立は、青年期の課題とされていて、社会環境や人間関係が、個人のアイデンティティ形成に重要な影響を与えるとされています。

足りないアイデンティティ

「個性が見えてこない」これは多くの外国人指導者が、日本人選手を見て口にした言葉です。

アイデンティティという言葉は、あまり耳にしないと思います。だけどコーチのみなさんは、このアイデンティティについて考えを深めておいてください。

これからの指導は、このアイデンティティの育成が鍵になってくるはずです。


AIへの質問:エリクソンのアイデンティティについて教えてください。

AIからの返事:エリクソンのアイデンティティについての理論は、彼の心理社会的発達段階論の中でも重要な要素です。彼は、アイデンティティの形成が個人の発達において中心的な役割を果たすと主張しました。

エリクソンのアイデンティティは、個人が自己の一貫性と独自性を理解し、自己の役割や価値観を認識するプロセスです。アイデンティティの形成は、思春期から若年成人期にかけて特に重要な時期とされています。

エリクソンは、アイデンティティの形成にはさまざまな要素が関与すると考えました。その中には、個人の身体的な特徴や能力、自己の社会的な役割や地位、そして自己と他者との関係などが含まれます。また、文化的な背景や社会的な環境もアイデンティティの形成に影響を与えるとされています。

アイデンティティの形成は、アイデンティティの危機(アイデンティティの確立に向けた課題や矛盾)を経験することで進んでいきます。例えば、自己と他者の関係や社会的な役割に関する疑問や葛藤、自己の価値観や信念に関する探求などがアイデンティティの危機となります。これらの危機を解決することで、個人はアイデンティティを形成し、自己の一貫性や独自性を確立することができます。

エリクソンのアイデンティティの理論は、個人の自己理解と自己肯定感の発達に重要な役割を果たすと考えられています。アイデンティティの形成が適切に進むことで、個人は自己の目標や意図を明確にし、より意味のある生活を築くことができるとされています。

参考文献
ベーシック発達心理学 開一夫/齋藤慈子

Related Articles