そのコーチングは説得か納得か

選手を説得しようとしているのか、それとも納得させようとしているのか、自分のコーチングはいったいどちらなのか?

説得になっていると感じるコーチは、ぜひ読み進めてみてください。

説得とは、「違った意見の持ち主を、言葉で説き伏せること」とあります。なので前回記事の、絶対的な力をもつコーチの作用は、説得によって成り立っていると考えています。

説得と納得

あるライターの教科書に、説得と納得について書かれています。その一文を引用させてもらいます。

この引用文にある「読者」を「選手」へ、「文章」を「コーチング」へ置き換えて読んでみてください。

 読者にとって説得とは「されるもの」である。そして納得とは「するもの」である。前者は不本意な受動であり、後者は能動である。

 読者を説得してはいけない。いわんや、読者を論破してやろうなどと考えてはいけない。文章に必要なのは、、そして読者が求めているのは、、説得力ではなく「納得感」なのだ。

取材・執筆・推敲 古賀史健 著

納得の効果

納得させることで、選手の能動的な姿勢を得ることができます。

トレーニングに対する、選手の能動的な姿勢は重要です。なぜなら、選手の能動的な態度はトレーニング効果を高め、目的を達成する可能性を高めるからです。

そうはいっても、受動的な態度を否定しているわけではありません。ただ、すべてコーチの指示に従う選手よりも、能動的に目的に向かえる選手であることを望むのは、多くのコーチの共通項ではないでしょうか。

納得には課題の共有が必要

選手を納得させるために必要なのは、課題を共有することです。この課題の共有についても、先ほどの書籍の一文を引用させてもらいます。ここも読者を選手に置き換えて読んでください。

 課題が共有されないまま語られる話は、他人ごとであり、説得となる。課題が共有されてこそ、読者にとっての自分ごととなり、納得の可能性が生まれていく。

取材・執筆・推敲 古賀史健 著

解決のヒントや、具体例の提示が、課題の共有に有効です。ちゃんと課題が共有されていれば、選手の納得を得られる可能性が高まります。

だけど知っておくべきことは、この課題共有の場面で、多くのコーチは選手を説得しようとしていることです。

説得から納得へ

自分は選手を説得しようとしているものなのか、それとも納得させようとしているものなのか、すこし考えてみてください。おそらくですが、説得の方に傾くコーチが多いと思います。そう言えるのは、自身も説得ばかりだったし、現場のほぼすべての仲間もそうだからです。

選手の納得を引き出すコーチングにチャレンジしてみてください。選手の能動的な姿勢が集まれば、トレーニングのクオリティにも大きな変化が必ず現れてきます。

この納得の効果は、すべての年齢すべてのカテゴリーに共通します。

Related Articles