考えさせる指導の鍵は「責任」を持たせること

考えさせるということは、「自分で決めて行動させる。そして、その行動に責任を持たせる」こととあります。

考えさせるという狙いがコーチにあるとき、考えるべき人は選手です。そして、選手が自分で課題を理解し、判断して、行動に移させることが狙いです。

答えへの誘導では考える力は育たない

「自分の頭で考えて答えを出す」

考えさせる指導のメカニズムは、じつはとてもシンプルです。だけどコーチの指導のもとで、選手の思考は「こんなふうに答えれば正解かな」となっていないでしょうか。

この思考はつまり、これまでの学校教育と同じで、質問の答えは隠されていても、決まった答えは準備されているということを裏付け、決められた答えへの誘導的指導になっています。

責任の無さが指導を無力化させる

決まった答えへ誘導する指導では、自分の考えを示す権利は選手側にありません。

この誘導的指導がつみ重なると、選手は自分に責任がないことに気付くようになります。そして、選手は結果を都合よく解釈し、相手のせいにするようになり、やがてコーチの指導を無力化する強い力を持つようになります。

考えさせる鍵は「責任」

考えさせる指導の鍵は責任です。提示された目的やゴールへ向かうための、考える権利を選手に与え、そしてそれを管理するのがコーチの役割だと考えます。そうすることで、考える主軸が自分であることを理解するようになり、主体的に行動を起こせる人の育成につながります。

「自分で決めて行動させる。そして、その行動に責任を持たせる」。考える指導のシンプルなメカニズムに、責任を与えることで選手の行動に大きな変化が現れてくるでしょう。

この記事はいかがでしたか?

関連記事