筋肉3種類【動かせる筋肉と動かせない筋肉】

人の体には3種類の筋肉があります。その中でもスポーツのシーンで使う筋肉は骨格筋と言います。骨格筋は関節をまたぐように、結びついてます。その他には、心臓を動かしている心筋と、内臓や血管を動かしている平滑筋があります。

*骨格筋(こっかくきん)心筋(しんきん)平滑筋(へいかつきん)と読みます。

動かせる筋肉、動かせない筋肉

名前役割自分で
骨格筋関節を動かす動かせる
心筋心臓を動かす動かせない
平滑筋内臓や血管を動かす動かせない

骨格筋は随意筋と呼ばれていて、自分で動かすことができます。それとは違って、心筋と平滑筋は不随意筋と呼ばれ、自分で動かすことはできません。

筋トレの対象はすべて骨格筋です。この骨格筋には、大きなものから小さなものまで約400個あるそうです。歩いたり走ったり、ものをつかむといった動作は、ぜんぶ骨格筋によって行われています。そしてこの骨格筋は、細い糸のような筋の繊維があつまって作られています。

そして、心筋と平滑筋を合わせると、合計で約600個になるそうです。


AIへの質問:筋肉の種類には、どういうものがありますか?

AIからの返事:筋肉は、その機能や特性に基づいていくつかの異なるタイプに分類されます。以下に、主な筋肉の種類をいくつか紹介します。

1. 横紋筋(骨格筋):これは最も一般的な筋肉のタイプで、骨につながる筋肉です。横紋筋は、意識的な動きを制御し、体の姿勢や動作をサポートします。例えば、腕や脚の筋肉が横紋筋に分類されます。

2. 平滑筋:平滑筋は内臓や血管などの内部器官に存在し、無意識的に制御されます。平滑筋は、内部器官の収縮や拡張を助ける役割を果たします。

3. 心筋:心筋は、心臓の筋肉です。心筋は強力で疲れにくく、一定のリズムで収縮して血液を体中に送り出す役割を果たします。

これらは一般的な筋肉の種類の一部ですが、他にもさまざまな特殊な筋肉が存在します。それぞれの筋肉は、異なる機能と特性を持っており、体の運動や機能に重要な役割を果たしています。

Related Articles