動かせる筋肉と動かせない筋肉

人の体には3種類の筋肉があるそうです。そのうち運動するときに活躍する筋肉は骨格筋と言います。骨格筋は関節をまたぐように結びついてます。その他には、心臓を動かしている心筋と、内臓や血管を動かしている平滑筋があります。

*骨格筋(こっかくきん)心筋(しんきん)平滑筋(へいかつきん)と読みます。

3種類の筋肉

名前役割自分で
骨格筋関節を動かす動かせる
心筋心臓を動かす動かせない
平滑筋内臓や血管を動かす動かせない

骨格筋は随意筋と呼ばれていて、自分で動かすことができます。それとは違って、心筋と平滑筋は不随意筋と呼ばれ、自分で動かすことはできません。

筋トレの対象はすべて骨格筋です。この骨格筋には、大きなものから小さなものまで約400個あるそうです。歩いたり走ったり、ものをつかむといった動作は、ぜんぶ骨格筋によって行われています。そしてこの骨格筋は、細い糸のような筋の繊維があつまって作られています。

そして、心筋と平滑筋を合わせると、合計で約600個になるそうです。

関連記事