選手育成トレーニングの目的と注意

トレーニング目的と9つのキーファクターを紹介します。このトレーニング理論の対象となる年代は、主に13歳から15歳です。20年以上も前にフランスで学んだ内容ですが、参考にしてみてください。

トレーニングの目的

トレーニングの最大の目的は、個々のプレーヤーのインテリジェンスを高めることにある。実際にトレーニングを行うにあたって下記の9つのキーファクターが存在する。

9つの注意

  1. 特別なポジションを与えずトレーニングしていく。大切なことはそれぞれの選手の技術能力を向上させることである。
  2. 技術トレーニングはシステマティックにくり返して行う。
  3. シンプルなアトリエを設定し、コーチは自らアトリエに介入していく。
  4. トレーニングにおいて選手たちには質を要求する。
  5. トレーニングにおいてプログラミングが重要ではなく、その方法(内容)が重要である。
  6. 全て計画通りに行うのではなく、コーチの創造性を加え、技術を向上させていく。
  7. 技術の習得はシチュエーションを変え、その中で様々な変化を加え技術を向上させていく。
  8. トレーニングにおいてフィールド上にライン、マーカーなどによるピッチの規制が多い場合、選手が本来持つ動きの柔軟さ、シンプルさを奪ってしまう。大切なことはトレーニングの質でありシンプルさである。
  9. トレーニングが問題を解決するのではなく、選手とコーチが問題を解決するのである。

コメント

この記事へのコメントはありません。