コーチがすべき知識の伝播

自分がもつ指導の知識は、どれくらいの価値があるのかいつも考えている。それと同じく、コーチたちがもつ指導の知識を集めると、どれくらいの量になるのか真剣に考えている。

そして、その集めた知識をかけ合わせると、どれほどの価値が生まれるのかということへの興味は、日に日に高まっている。

すごい量の知識

たとえば100人のコーチがいるとする。それぞれが持つ指導の知識を一つずつ合わせると100となる。その100の知識のうち、50の知識が重複していると考えると、そこにある知識の合計は51となる。これだけでもけっこうな数である。

それぞれのコーチが持つ知識は、一つだけとは考えにくいので、100人全員の知識量を合わせるとすごい数になる。という単純な発想が、ゼロコーチの原点でもある。

もうひとつ補足しておくと、自分が知る以外の50の知識は、知った時点では価値があるか無いかも分からないし、損も得もないだろう。獲得したその知識を使うかどうかはコーチの自由であり、使えそうなら使えばいいし、必要なければ使う義務はない。

とにかくすごい量の知識の中から、自分に合うものを取捨選択できるメリットは、とてつもなく大きい。

知識を伝播させるとどうなるか

獲得した指導の知識を使ってみたとする。そうすれば良くも悪くもかならず反応が返ってくるだろう。その得た知識をつかえば使うほど、改善を重ねるほどに、扱い方のコツが分かってくる。

そこからさらに、その経験を他のコーチへ伝え、別の場所で使われるといったいどうなるのか。

じっさいに試してみたことがある。

結論は「もっといいものが出来上がる」だ。細かな説明は割愛するが、自分のやり方よりもはるかに見栄えよく、雰囲気もいいものに仕上がっていた。

この現象は、自分だけの知識として大切に保管していても、なにも起こらなかった可能性が高い。この変化は誰かに伝播させたことで起こることであり、イノベーションということができるだろう。

知識を伝える人に本当の価値がある

「自分が考えた」とか、「自分が始めたことだ」とかはどうだっていい。そんなことを言うことに何の意味もない。獲得した知識を自ら使ってみて、そしてそれを誰かに伝えようとするコーチの考え方にこそ価値があるのだ。

そしてそんな考えでつながるネットワークが広がるほど、知識は早く遠くへ伝わり、次々と新しいアイデアが生まれてくるのかもしれない。

知識そのものに価値はない。獲得した知識を自分で使い、そしてその経験を伝える人にこそに本当の価値があり、コーチがなすべき本当の使命ではないかと僕は考えている。

ChatGPT

ChatGPTへの質問①:知識の定義を教えてください

知識は、情報や経験に基づいて形成された理解や認識のことを指します。

知識は、事実や概念、原理、スキル、経験などの形で存在し、個人や集団が問題解決や意思決定を行う際に役立ちます。

知識は学習や経験を通じて獲得され、蓄積されることでより豊かな形を取ることがあります。


ChatGPTへの質問②:もっと詳しく聞かせてください。

知識は、人間が学習や経験によって得た情報や理解の集合体です。これには、事実、概念、原理、スキル、経験、価値観などが含まれます。

知識は、人々が世界を理解し、問題を解決し、意思決定を行うための基盤となります。例えば、医療従事者は医学の知識を持っており、患者の症状を分析し適切な診断を行います。エンジニアは工学の知識を持っており、製品の設計や問題の解決に役立ちます。また、歴史家は歴史の知識を持っており、過去の出来事や文化を研究し理解することができます。

知識は個人的な経験や学習によって獲得されるだけでなく、他の人とのコミュニケーションや情報源からも得ることができます。書籍、インターネット、教育機関などは、知識を獲得するための重要な手段となっています。

知識はまた、個人や社会の発展にも重要な役割を果たします。新たな知識の創造や発見は、科学や技術の進歩を促し、社会の発展に寄与します。知識の共有や伝達は、教育やコミュニケーションの基盤となり、個人や社会の成長を促進します。

知識は絶えず変化しており、新たな情報や理解が生まれるたびに発展しています。したがって、知識は常に更新と継続的な学習が必要です。

関連記事