最大心拍数を測る2つの計算式

最大心拍数が簡単にわかる、2種類の計算方法を紹介します。

その他にも機器を使った測定方法や、Gulati式という計算式があるようです。だけど、この2種類をお勧めします。理由は、その一つは広く使われているごく一般的な計算方法であり、もう一つは日本人研究者が発表した計算方法だからです。

Fox式と田中式

名前計算式
Fox式220 – 年齢 = 最大心拍数
田中式208 – (0.7 × 年齢) = 最大心拍数

ということで、この2種類の最大心拍数の計算方法について、AIに質問しました。

AIへの質問:最大心拍数を知るための、Fox式と田中式の計算方法を教えてください

AIからの返事:もちろんです。最大心拍数を推定するための計算方法を具体的に説明します。

1. Fox式(Fox’s formula)の計算方法:

最大心拍数 = 220 – 年齢

例えば、40歳の場合、最大心拍数は220 – 40 = 180となります。

2. 田中式(Tanaka’s formula)の計算方法:

最大心拍数 = 208 – (0.7 × 年齢)

例えば、40歳の場合、最大心拍数は208 – (0.7 × 40) = 180となります。

これらの式は一般的な推定式であり、最大心拍数を簡易的に推定するために使用されます。しかし、個人差や運動レベルによって異なる場合がありますので、あくまで目安として利用してください。

最大心拍数は、運動強度やトレーニングの計画に役立つ情報です。心拍数に関して心配や疑問がある場合は、医師や専門家と相談することをおすすめします。

計算を実践した結果

僕の年齢で試した場合、2つの計算式で得られた結果には、3.3の開きがありました。AIの返事の中にある40歳の例では、確かに両方とも最大心拍数は180になります。だけど年齢が上がるにつれ、差が開いていく結果になりました。

Related Articles