YOU の立場と I の立場の褒め言葉

褒め言葉は相手をやる気にさせる、指導の効果的スキルです。指導経験が豊かなコーチほど、この褒め言葉の使いかたに長けていると思います。2つの立場(スタンス)のちがいで、褒め言葉の伝わり方が変わってきます。

YOU と I の褒め言葉

YOU を使った褒め言葉と I を使った褒め言葉のちがいが分かる文を紹介します。

ひとつは、”YOU”のスタンスで相手を承認するもの。

「よくやった!」「やればできるじゃないか」「優秀だね」

2つ目のタイプは、相手が自分に対してどういう影響を与えたのかを言葉にするもの。つまり”You”ではなく”I”の立場。

「きみががんばっているのを見ていると、僕もやる気が高まるよ」「今日のきみのプレゼンは安心して見ていられたよ」

新 コーチングが人を活かす 鈴木義幸 著

YOU と I の受けとられ方

YOUで褒めた時と、Iで褒めた時では、相手の受けとり方が変わってきます。

YOUの立場

受け手があなたのことを尊敬していて、自分のことを評価するに値する人だと思っていれば話しはべつですが、そうでない場合、このタイプの承認は受けとりにくいものになるかもしれません。

Iの立場

このタイプの承認は相手の中にストンと落ちます。こちらはそう思っているのですから、それは否定のしようがないわけです。そして、いわれると、とてもうれしいものなのです。

参考文献
新 コーチングが人を活かす 鈴木義幸

サッカーコーチはYOUかそれともIか

サッカーのコーチたちの褒め言葉を分析してみました。すると、ほとんどの褒め言葉はYOUの立場でだということが分かりました。

関連記事