ゼロコーチに求めること

自分にとって都合のいい情報ばかり流れてきます。スマホを手に画面をスクロールしながら、快適な情報に溺れていることに気づかないこともあります。

はじめて見る指導方法や、だれかの成功例が魅力的に伝えているけど、それらををよく見ると、ほとんどが整えられたきれいな情報で、見応えがあるものばかり。

そんなふうに感じたことないですか?

自分にないものが見つかる場所

もしかしたら快適な環境にある人ほど、自分に都合のいい情報ばかりを集めているかもしれません。

自分とは違う価値観や考え方に出会えてこそ、コーチの実力はアップする。僕はこう考えます。

だけど、違う価値観や情報に出会うためには、自分で考え動くことがより重要な時代になってきました。なぜなら情報を集める主戦場がSNSとなる現代では、様々な情報が自動的に流れてきて、問うべき重要な課題が見えなくなるからです。

こんな状況に楔を打ち、仲間の力を借りながら、魅力的なゼロコーチをつくっていきたいと考えています。

関連記事