ワールドカップ優勝監督

1998年のW杯で初優勝した、フランス代表監督エメジャケ氏の話です。フランス代表優勝までの軌跡を、語ってくれました。

フランス国立研究所クレフォンテーヌの講義室にて。


エメジャケ監督の言葉

ワールドカップフランス大会に向けての2年間の準備について話をします。

開催国ということもあったが、準備段階の2年間で勝負にこだわらない試合をすることが、精神的に大変つらかった。

そんな97年から98年の2年間、1年目は9人のコーチとともに外国で活躍する選手を含め選手選考を中心に行い、代表チームでは1つのポジションに最低2人を競争させた。そして2年目は、フランス代表のことだけを考えるよう、選手たちへ促した。

この2年の間、選手への要求できつい言葉をたくさん使ったが、その理由を選手たちは十分に理解してくれていた。

2ヶ月前からの本当の準備

我々は大会の2ヶ月前から本当の準備を3つのクールで行った。

①5月5日〜11日の6日間の高地トレーニング

スキーのクロスカントリーなどの体力トレーニング

②19日〜25日の戦術トレーニング

戦術トレーニングとスピードトレーニング

③25日以降の国際試合を含めた練習試合

代表チームを2チームに分け22人全員を試合で使った

我々の成功の要因

フランス代表の成功は人間的な成長が大きい。それはどういうことかというと、毎日の練習の中で自分の存在感を選手自身が示したということである。その結果私は、ジダンやデサイーがいなくても大丈夫。22人全て使える選手であると確信することができた。


ChatGPT

ChatGPTへの質問:アイム・ジャケ氏がフランス代表監督としての主な功績は何ですか?

アイム・ジャケ氏がフランス代表監督としての主な功績は以下の通りです:

1. ワールドカップ優勝:1998年にフランスで開催されたワールドカップで、ジャケ氏はフランス代表を初めて優勝に導きました。この快挙はフランスサッカー界において非常に重要な出来事であり、ジャケ氏の指導力と戦術の優れた選択が評価されました。

2. UEFA EURO 2000優勝:2000年にベルギー・オランダで開催されたUEFA EURO 2000でも、ジャケ氏はフランス代表を優勝に導きました。フランス代表は大会を通じて素晴らしいパフォーマンスを披露し、優れたチームワークと戦術を展開しました。

3. ワールドカップ予選突破:ジャケ氏はフランス代表監督として、ワールドカップ予選を成功裏に突破することにも成功しました。彼の指導のもと、フランス代表は予選ラウンドでの困難な試合を乗り越え、本大会への出場を確保しました。

4. チームの統率力:ジャケ氏は優れた統率力を持ち、選手たちに自信と信頼を与えることができました。彼のもとでフランス代表は一体感を持ち、困難な局面でもチームとして協力し合いながら戦うことができました。

これらの主な功績により、アイム・ジャケ氏はフランスサッカー界で非常に尊敬されています。彼の指導のもとでのワールドカップ優勝とUEFA EURO 2000優勝は、フランス代表の栄光の時代を築く上で重要な役割を果たしました。

日本では通称エメ・ジャケですが、ChatGPTではアイム・ジャケでした。

この記事はいかがでしたか?

関連記事