コーチングのすゝめ

You can find coaching TIPS.

  1. new
  2. science
  3. management
  4. soccer
  • 運動生理学

肺の大きさと肺活量は鍛えられない

肺や肺活量といえば、呼吸系の領域になりますが、呼吸系のトレーニングは、あらゆるスポーツ種目に共通して重要です。しかし、肺の大きさと肺活量は、トレーニングによる影響を受けないとされています。つまり、肺の大きさと肺活量は遺伝的に決定されているということのようです。POINT呼吸系の役割:大気から

  • 運動生理学

肺の大きさと肺活量は鍛えられない

肺や肺活量といえば、呼吸系の領域になりますが、呼吸系のトレーニングは、あらゆるスポーツ種目に共通して重要です。しかし、肺の大きさと肺活量は、トレーニングによる影響を受けないとされています。つまり、肺の大きさと肺活量は遺伝的に決定されているということのようです。POINT呼吸系の役割:大気から

  • 運動生理学

間欠的運動が競技レベルを高くする

ほとんどのスポーツの運動様式は間欠的運動です。間欠的運動とは、スプリント・ジャンプ・歩く・ジョギング・休憩など、一定時間内に様々な運動様式が混ざりあうものを指しています。ほとんどが間欠的運動ダッシュした後にゆっくり走ったり、空中のボールをジャンプして奪い合ったり、ファウルでプレーが止ま

  • 運動生理学

筋肉3種類【動かせる筋肉と動かせない筋肉】

人の体には3種類の筋肉があります。その中でもスポーツのシーンで使う筋肉は骨格筋と言います。骨格筋は関節をまたぐように、結びついてます。その他には、心臓を動かしている心筋と、内臓や血管を動かしている平滑筋があります。*骨格筋(こっかくきん)心筋(しんきん)平滑筋(へいかつきん)と読みます。

  • コミュニケーション

そのコーチングは説得か納得か

選手を説得しようとしているのか、それとも納得させようとしているのか、自分のコーチングはいったいどちらなのか?説得になっていると感じるコーチは、ぜひ読み進めてみてください。説得とは、「違った意見の持ち主を、言葉で説き伏せること」とあります。なので前回記事の、絶対的な力をもつコーチの作

  • コミュニケーション

選手の意欲を高めるアクノレッジメント

選手のチャレンジ意欲を高めることは、指導者の大切な役割のひとつです。このチャレンジする意欲を高める方法のひとつに「承認」があります。コーチングでは、承認(認める)や、褒めたりすることをアクノレッジメントと言います。このアクノレッジメントは、相手の存在を認めることで、とても重要な指導